専業主婦キャッシング口コミ審査情報

専業主婦がキャッシングやカードローンを利用する場合の注意点

専業主婦という「職業」の方は、基本的に報酬を得て働いていないため自分自身の収入は無い状態です。収入がないということは「無職」と同じ状況でもあると判断することが出来ます。単純に考えて無職の人がキャッシングやカードローンを利用することが出来るのかと考えてみると、まず契約することは無理であろうという想像が出来るはずです。 しかし、同じように無収入という状況でありながら「専業主婦」の場合にはキャッシングやカードローンを利用することが可能です。その理由は「結婚している」ということが大きなポイントです。 結婚しているということは法律上で対になっていることを証明している訳ですので、配偶者と家計や財産を共有しているということを明確にすることが出来ます。そこで、自分自身では収入を得ていない専業主婦の場合には、配偶者の収入を返済の担保としてキャッシングやカードローンを利用することが出来る訳です。ただし、どのキャッシングやカードローンでも契約できると言う訳ではなく、「総量規制対象外」のものに限られます。 名義こそ専業主婦本人の契約とはいえ、実質的には配偶者が契約していると言っても過言ではないので、「絶対に迷惑をかけない」ということを強く意識して利用していくことが大切です。

理解しておきたい「総量規制」に関して

現在は貸金業法が影響する消費者金融などを利用してキャッシングをする場合、自身の年収の1/3を超える借り入れをすることが出来ない、同様の割合を超える貸し付けを行ってはいけないといった法的な規制を受けることになります。例えば年収100万円の人は33万円ほど、年収300万円であれば100万円ほどがキャッシングを利用して借り入れできる金額の限界ということになります。 年収が1000万円あれば333万円ほどまで借り入れをすることが出来るので、およそ個人で考えられる大概の状況には対応することが出来る金額までキャッシングを利用することが出来るでしょうが、年収100万円であれば全く足りないという可能性も出てくる金額です。 年収に対しての借入金額および貸付金額に規制があるということは、基本的に年収が3万円未満の人はキャッシングを利用することは出来ないという状況になるため、収入自体を得ていない専業主婦などは利用することが出来ないということになります。 しかし、同じようにキャッシングやカードローンを提供していても貸金業法以外で管理されているものもあります。銀行は銀行法で管理されているため貸金業法の影響は受けないことを利用し、総量規制以上の割合で貸付けを行うことが出来ます。このような状況を「総量規制対象外」といった呼び方をします。
専業主婦がお金を借りるならこちらの一覧が参考になります:専業主婦でも借りれる!総量規制対象外のカードローン

専業主婦がキャッシング契約出来る理由とは

専業主婦がキャッシングを利用するためには、先に紹介した「総量規制対象外」のキャッシングやカードローンを選び、配偶者の信用情報によって審査を受けて合格するということが必要になります。こうしてみると、例え総量規制対象外の商品を取り扱っているのがどこかということを調べるという労力は必要かもしれませんが、基本的には他力本願でお金を借りようとしているという感じになっています。実際のところ、それが事実ですので仕方のないことではあるのですが、そのことを十分に理解しながら申し込みをするということが大切だと言えます。 総量規制対象外であれば、契約において年収が関係なくなるので専業主婦であっても契約をすることが可能になります。しかし、お金を借りるためには「返済できる保証」が必要になるので、配偶者の収入を基準とした返済能力をベースにして申込者(専業主婦)に対してお金を貸し付けるという形になります。このように、専業主婦が配偶者の信用を利用してお金を借りる方法を「配偶者貸付」と言い、限定的ながら働きたくとも働けないという環境にある方でもお金に関する問題解決の手段を確保することが出来るようになっています。

十分に慎重な返済計画を立てることが大切

一般の人が利用する場合においても「返済計画」は非常に重要なものです。しっかりとした返済計画があるかどうかによって完済できる可能性が大きく変わってきますし、事前にしっかりとシミュレーションを行っているからこそ返済期間中に起こり得る様々なリスクに対して対応することが出来るようになります。 「このくらいの金額が必要だから取り合えず借りてしまおう」と言った安易な考えで契約をしてしまうと、自分の返済能力を著しく超えた金額の借入をしてしまう可能性が出てくるので「返せない」という状況に陥ってしまうリスクが高まります。全く返済計画を立てずに利用を開始すると返済不能に陥る可能性が高くなるということは、自分自身の信用情報に傷がつくリスクが高まるということです。個人信用情報はキャッシングやカードローンだけでなく、クレジットカードやカードやカーローンなど様々なローン契約および信用取引において重要な影響を与えます。将来的に信用取引のすべてが出来ない状況に陥ってしまうデメリットは非常に大きいため、少しでもリスクを回避するためにもしっかりと返済計画を立てることが大切です。 特に専業主婦の場合は、自分の不注意が配偶者に対しても影響を与えてしまうため一層注意深く計画を立てるようにしてください。